32才、産後太り解消で25キロも減量できたのに、気づけばこの10年で25キロのリバウンド。50才になりました。今は3カ月で9キロ、8カ月で17キロの減量に成功しました。

二人の子供の母です。下の子供を妊娠したときは、体重が増えすぎてしまいました。妊娠中毒症で産後も起きていられないほどの体調不良でした。20キロの産後太りでしたが、ダイエットする元気なんてなかったです。

そんな時、夫の友人から「元気に痩せるダイエットがあるよ」と聞いたのです。母乳をあげながら始めてみたら、きれいに25キロも減量できました。1回痩せたので安心しました。20年も前の32才のときです。

40才過ぎてから、韓国ドラマやゲームにどっぷりはまりました。昼夜逆転の生活で、人に会うのがイヤになりました。生活の時間帯が合わなくなって、家族にもかまってもらえなくなりました。生活リズムが狂って眠れなくなってもいました。もともと料理や食べることが大好きです。眠れないときは、インスタント・ラーメンを食べて爆睡していました。パスタは一回に1キロ食べる食生活で、食べるとよく眠れます。睡眠時無呼吸症で家族から「いびきがうるさい」「息を吸っていないから不安になる」といわれていました。

 気づかないうちに少しづつ太って重くなっていきました。

専業主婦で暇でしたが、多忙な夫と子ども達の為を思って家にいました。娘の卒業祝でディズニーランドに行きましたが、すぐに足が痛くなりました。列に並ぶだけでもひどく辛いので、ベンチで座って待っていました。「健康でないとつまらないなー」と思いました。

夫が癌で52才の若さで帰らぬ人となり生活が180度変わりました。自由で幸せな家庭生活が突然変わりました。喪失感と悲しみが津波のように襲ってきてしばらく放心状態でした。葬儀で会った夫の友人に「老婆のようだよ。大丈夫?」心配されました。52才なのに「老婆」と言われたことの方がショックでした。

気づけばこの10年で25キロも増えて完全にメタボ。

子供たちも私が太りすぎていることで病気になること。両親共にいなくなる事を心配していました。これから巣立つ子ども達のためにも泣いてばかりもいられません。私は健康になって、夫の分も長生きしていこうと決めました。

まずは、ダイエットすることにしました。重いカラダに鞭打って運動やウォーキングもしてみました。ひざが痛くつらかったです。いろいろなダイエットも試してみましたが体重は1グラムも減りません。やっぱり「元気に痩せるダイエット」をもう一度やってみようと思いました。でも一人ではうまくいかないのです。そこでカウンセリングを受けて、ダイエットしてみたらすっごく簡単でした。

 カウンセリングを受けて3カ月で9キロ、8カ月で17キロ減量に成功しました。

今では1時間のウォーキングも楽々できるようになりました。先日「老婆のようだ」と心配してくれた友人に会ったら「すこし痩せて元気そうだね」とほめてくれました。

子ども達からは「いびきかかなくなったし、呼吸もできているよ」と言われました。最近は子ども達との会話も増え、一緒に外出することも増えました。母親が元気になると家族が元気になりますね。目標まであと9キロですが、3ヵ月くらいでいけそうです。カウンセリングを受けて本当に良かったです。今は毎日が軽くって、若さを取り戻せた感じです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事