若い頃はダイエットとは無縁の生活を送っていました。お酒や美味しいものを食べても、全く太らないので、オシャレも沢山できました。

もちろん、洋服のサイズに困る事もありませんでした。
「太っちゃったなぁ~」と思っても、食事を減らすだけでスリムな体型を保つことが出来ていました。

 

そんな夢のような若い時代はあっという間に過ぎ去りました。30才を過ぎると、食事を抜いて痩せようと頑張ると具合が悪くなって、ダイエットを続けることが出来なくなりました。体重を減らすどころか、反動で3キロくらいすぐに太るような状態になっていました。

遅めの出産で、体調も変わりました。体調がよくないので、見た目も気にせずにいました。

ある日、夫と義父と3人で紳士服を買いに行った時、店員さんに、義父と夫婦に間違われてしまいました。私の夫は、店員さんから見たら義父と私の子供に見えたようです。結構、ショックでした。

改めて鏡を見てみると髪はボサボサ、洋服は少し毛玉付きのスウェットです。

毎日子育てと仕事に追われ自分の事は諦めていたんですね。

 

40才も半ばを迎えた頃、やっと自分自身に目を向ける余裕が出て来ました。

体重は若い頃より10㎏は増えていました。

ありとあらゆるダイエット雑誌やグッズを買い、ダイエット食品,減量の為の製品を試しました。
買った事で安心して、食事の量はむしろ多くなっていました。

 

そしてプラス5㎏増。それだけ太っていたにもかかわらず危機感は全くなかったです。

友人からは

  • 「逞しくなったね」
  • 「さすが男の子3人の母だね」
  • 「このスカート私には大きくてはけないけど、はける?」

など、色々言われるようになっていました。

そんな声が増えてきて、やっと自分の太っている事を認めることが出来ました。

「このままではマズイ」と思っていた時、昔からの知り合いの可奈子さんに逢いました。

かなこさん以前は「太って大きな人」というイメージでした。でも、その時会った可奈子さんはまるでモデルさんのようにスリムになった姿でニコニコとほほ笑んでいました。

「どうやって痩せたの?」かなこさんに早速聞いてみるとすぐには教えてくれませんでした。
何度か聞いていると一枚のチラシを渡してくれました。私は早速電話をしてカウンセリングを受けました。

家族はまた変なダイエットが始まったと思っていたようですが、結果は目に見えるようです。

私も同じダイエットを始めるとすぐに6㎏の減量に成功しました。

今では子供たちも応援してくれています。

家業の飲食店なので、以前のダイエットはとても難しかったです。でも今回のダイエットはとても楽しく出来ました。まだあと5㎏!減量目標に向かって頑張ります。

 

と話してくれたのは、札幌の主婦 ゆきさん(仮名)。47才

ゆきさんの体験談があなたのインスピレーションのもとになれば、嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事