ウィークエンドもダイエットを継続させる方法

家族が週末に集ってきて、家族団らんを楽しむのは素晴らしいことです。でも、ダイエット中のあなたには「食べる機会が増える期間」でもあります。幸せな家族との時間と、あなたの健康的ダイエットをムリなく継続する方法を探しましょう。

 

ところで、「ハッピーアワー」というのは聞いたことがありますか?
もともとはアメリカ海軍での、航海中の娯楽時間帯、の意味合いでした。

今はレストランやバーなどが、ドリンク類を安く提供するときの看板表記によく使われています。意図は「夕方の暇な時間にお客さんを集めたい」ということですね。

でも、金曜の夕方には気分が解放され、飲み会や週末の食事会に行きたくなるのはよくわかります。

週末は、学校が休みになる子供たちや一生懸命働いてきた旦那さんも少し気分が楽になりますね。

家族が週末に集ってきて、家族団らんを楽しむのは素晴らしいことです。家族としては、幸福を感じる瞬間でもあります。

「家族が集う週末」はダイエット中のあなたには「食べる機会が増えるリバウンド要注意期間」でもあります。

月曜から始めたダイエットの習慣が金曜の夕方で止まり、週末で逆に1~2キロ戻ってしまうという話をよく聞きます。

また週末に絡めて旅行にでかけ「旅先でおいしいものを堪能して2~3キロ増えて帰ってきました」という話も聞きます。

特に連休や年末に一週間もお休みや、家族的なイベントなどがあるたびに「ダイエット中断、リバウンド、後悔」みたいなことは山ほど聞きます。

2ヶ月も頑張って減らした3キロも、短期間で簡単に戻って逆に増えてしまう事があるのも我ながら驚いてしまいますよね。

だからと言って、週末に頑張りすぎて自転車で200キロ走るとか、50キロウォーキングを2日で走破するなんて無茶をするのは、「エネルギー回復が目的」の休日の使い方としては本末転倒ですので、お勧めしません。

健康的なダイエットライフには「時間と規律」が必要です。

この記事では、週末を楽しみながら、ダイエットと健康・フィットネスの目標を同時に達成するためのヒントをお伝えしますね。

ポイント1:朝から食事の準備に駆けずり回ることをやめる。

一日中、家族の食事を楽しむために、野菜を切り刻んだり、料理をして台所から離れられない人がいます。結果的に、食べる機会が増えます。

ポイント2:食事を一切を遠ざけて、完全な飢餓モードに入らないようにする。

朝食とお昼ご飯を抜くことで減量しようとするのは、ダイエットの良い方法ではありません。なぜこれは良い方法ではないかというと、
・血糖降下、
・エネルギー不足、
・集中力の欠如は、
空腹からくる粗暴さや、人に対する「気遣い不足」を増します。

朝食と昼食を抜いて、夜までの絶食に入ると脳は夕食のことでいっぱいになります。
そのような場合は、夕食時に「3食分」を一気に食べる「ドカ食い」になります。
内臓にも負担をかけますので、あなたは老化します。お勧めしません。

このような飢餓モードを避けるためには、午前、午後にはタンパク質が豊富な食事をとってくださいね。

タンパク質を含む食事をすることで、あなたの振る舞いは安定感を保ちます。また、栄養が満たされていると、夕食時に「満腹になるまで食べたい」欲求を下げることができます。

ポイント3:週末はアクティブでいる事。

週末は、食事を伴わない交際の機会として活用してください。

ウォーキングは立派な運動です。

アウトドア派の方は、ジョギングやハイキング。
インドア派の方はデパート巡りやウインドウ・ショッピングをすることは、週末のよい活動です。

もっと、人に監視してもらいたい場合は、パーソナルトレーニングや楽しいフィットネスのクラスに入ることもいいですね。

ポイント4:週末も平日の「食事と運動の習慣」を継続する。

週末だからと言って、あなたの毎日の運動習慣をお休みしないでくださいね。

あなたができる最良のことは、あなたの「運動と睡眠の習慣」を損なわないようにすることです。

休日の午前中ゆっくり眠っていると、その日はもっと気持ちが悪くなるかもしれません。

休日の前日の夜更かしからくる寝不足で疲れていると、食生活が不健康になる傾向があります。

平日のように決まった時間に起きることは、週末を最大限に活用するのに役立ちます。

ポイント5:あなたの飲み物を見直す。

休日や旅行で気が緩んで「まっいいか」と思って、甘い飲み物を体内に摂取ることは避けてくださいね。

コーヒー飲料や「まっいいか」で飲むアルコール飲料にどれだけ多くのカロリーが隠れているかは驚くべきことです。

キレイな水で水分補給をすることで、カラダはデトックスモードに入り、健康的な習慣が継続できますよ。

週末はリラックスして楽しいですが、できるだけあなたの健康で活発なプランに寄せて、良い習慣を維持してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事