ダイエット中に人々が犯す最大の間違いの一つは、食事の摂取量を減らしすぎる。
特に運動後に食べないようにしていることが最悪です。

多くの人々は、運動後に食べない方が体重を減らすのに役立つと考えています。
しかし、そうではありません。

運動できることはあなたの健康にとって素晴らしいのですが、運動は体には多くのストレスを与えます。

運動後に適切な栄養補給をしないと体が回復しにくくなり、体に有害であり悲惨な結果になることがあります。

運動後に30〜45分以内に消化の良い食事をすることは、体を修復し筋肉を鍛えるのに役立ちます。

この食事には、最低20〜25グラムの高品質のタンパク質が含まれている必要があります。

30〜45分以内に完全な食事を得ることは難しいかもしれませんが、筋肉の修復のためには、タンパク質の補給が必要です。

あなたが行う運動のタイプによって炭水化物とタンパク質の割合が決まってきます。

 

あなたが強力な持久力トレーニングを行っている場合は、運動後の炭水化物とタンパク質の比が3対1になるようにします。

例えば、20グラムのタンパク質量が摂取できる場合は、果物を加えて60グラムの炭水化物含む食事を目指しましょう。

より軽い有酸素系の運動の場合は、体は多くの炭水化物を必要としないので、1対1の炭水化物対タンパク質比で大丈夫です。

エクササイズ後に高品質のタンパク質を摂取することのさらなるメリットは、栄養バランスの悪い食事をするという間違った選択を妨げる可能性があることです。

 

トレーニング・ジムやスポーツクラブで運動をしっかり頑張って、何も食べずに帰宅するときに起きがちなことは

あまりの空腹感から見たものすべてが食欲をそそります。コンビニなんかによってはいけません。

通常、脳は手っ取り早く食べられる甘い食べ物を欲しがります。

運動後の飢えが間違った判断を呼び込ます。

そうならない為には、

運動後30~45分以内のゴールデン・タイムには筋肉のリカバリー・プロティンを摂取すると、あなたは飢餓モードを感じることはありません。

家に帰るときに健康的な食事の選択をすることが、ずっと簡単になることがわかります。

さらに、良いニュースです。

筋肉痛を避けることができるいくつかの食品があります。

ダークベリーは、抗酸化物質の量が多いため、良い選択です。

特に、最近の研究では、タルトチェリーは筋肉の痛みを軽減するのに役立っていることが示されています。

運動後のタンパク質シェイクにベリーを加えることは、回復プロセスにおいて有効です。

最後に、ターメリックは、運動後および睡眠前の夜に有益であることが示されているスパイスです。ウコンは、カプセルとして、粉末として、または液体の形態で摂取することができます。

最終的に、運動後に行うことができる最も重要なことは、必要な栄養素を身体に供給することです。

運動後の蛋白質を十分に摂取すれば、筋肉を再構築することができ、長期的には代謝を高め、身体組成の目標に近づけるのに役立ちますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事