ダイエットをしながらも、こなす日々の活動、バタバタと動き始める前に何を食べるべきか?

今日は運動前の栄養補給についてお伝えしますね。

運動することのメリットは数多くあります。

運動のメリットを最大限享受するためには、エクササイズと栄養のメカニズムを理解することがポイントです。

カラダの栄養欲求レベル:

運動には負荷の少ない生体活動から、負荷の高い運動までいろいろあります。まずは、3つに分けてみましょう。

1、省エネモード:ほとんど運動をしていないレベルです。

読書、テレビを見る、などの動きでは「カラダの栄養欲求レベル」は非常に少ないです。
スマホの省エネモードのような感じで、非常に「エコ」です。

2、中活動モード:散歩、買い物、お風呂に入る、小さな子供と遊ぶ、自転車やバイクに乗る活動でこれも立派な運動です。

3、高活動モード:荷物をもってバタバタ買い物に行き、階段もガンガン登ります。という活動。

ここでいう運動とは、中活動モード以上のことを言います。くれぐれも「入浴も運動」です。

 

「普段、あまり運動してないのよね~」というあなたも「動いていれば」=「運動している」ということです。

では、体が運動を開始すると体内で何が起こっているかというと、

より多くのビタミン、ミネラル、炭水化物、タンパク質が消費されています。

「カラダを使うと、何らかのエネルギーを消費します」ということを理解してくださいね。

 

中活動でさえ、ビタミン、ミネラル、炭水化物、タンパク質を消費するので、常日頃から体内の栄養タンクが空にならないように、健康でバランスの取れた食事を毎日摂取することが大切ですよね。

では、運動前には、具体的にどんな栄養成分が体内に入っていればいいの?というと、

カフェイン:

運動する前にカフェインをとると、集中力が強化され、エネルギーが上がります。
カフェインの効果は摂取後、約20〜45分でピークになりその後はしばらく続きます。

そのため、運動開始15〜30分前にカフェインを摂取することをお勧めします。
コーヒーや紅茶(カフェイン含有)を飲むことで、これらの成分を単独で摂取することができます。

一酸化窒素前駆体;(L・アルギニン L・シトルリンなど)

運動前の栄養摂取の目的の一つとして、

・血流を強化し、
・筋肉に多くの酸素を送り、
・エネルギー産生を増加させる

のを助けることが必要です。

これを行う方法は簡単です。
身体が NO を産生するのを助けるために、一酸化窒素前駆物質(L・アルギニン L・シトルリン)と 一酸化窒素前駆物質は非常に短命なので、参加させないための、抗酸化成分としてアルファリポ酸などを活用することです。

血管内皮細胞からNOが生成されると、血管が拡張し血流を増加させるのに役立ちます。
ランニング中の具体的な感覚で例えると、「雲の上を走っているような、どこまでも行きたい」感じです。

筋肉が動き、体の隅々まで血流がいきわたり、酸素が供給され続けるというのを実感できます。
血流の改善につながるので、血管系のトラブルが回避できますし、よく眠れるようになります。

炭水化物:

炭水化物は、素早く簡単なエネルギーを作り出すための身体の燃料です。

は、脂肪やタンパク質よりもエネルギーを生産が早いのは炭水化物の摂取です。
より簡単で効率的な方法です。ご飯を食べたら、元気になった気がするでしょう?
とにかく早いのです。血糖値の急上昇という側面もあります。

炭水化物はグリコーゲンとして筋肉に貯蔵されます。しかも、カラダはいつでもグリコーゲンを貯蔵することができます。省エネモード(ほとんど運動をしていないレベル)で、炭水化物を取りすぎると太ります。(これは悪いニュースです)

グリコーゲンの貯蔵庫を枯渇させてしまうと、あなたの運動能力が低下する可能性があります。

運動前に炭水化物を摂取することで、身体のエネルギー貯蔵庫をいっぱいにして生体活動に役立てることができます。エネルギーが続くということは消費カロリーが増えますので、痩せやすくなります。(これはいいニュースです)

以上の栄養素を含む「プレ・ワークアウト・サプリメント」を活用することであなたの運動パフォーマンスを最大限にすることができますよ。

 

 

お問合せ、およびカウンセリングはこちら

詳しいことは下記のフォームからお願いします。





 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事