「できれば完璧な栄養を身体に入れたいけど、料理の手間が大変なのよ~」と思うことはありませんか?

じつは、下ごしらえされた食品や便利な食材を使うことにフォーカスすると、意外と簡単に健康的な食事ができます。

人々が健康的な食生活を望むときの最大の問題のひとつは「健康のために栄養価の高い料理を用意するには手間暇がかかってしまうし、調理により多くの時間をとられる」と感じることです。

「自宅に管理栄養士とプロのシェフがいたらいいのにな~」と思うことがありますよね。

しかし、現在は準備された便利なアイテムがたくさんありますので、自宅で健康的な食事をすることは簡単です。

この記事では、「より良い栄養を自宅で簡単にゲットする3つのプラン」をお伝えします。

より良い栄養を自宅で簡単にゲットする3つのプラン

1. パッケージ食品をうまく活用する

タンパク質については、すでに味付け済みの魚や鶏肉などが簡単に入手できます。あるいは「あとは焼くだけ(もしくは温めるだけ)」の状態で買って来ることができます。

冷凍しておいたエビは、パスタや野菜を入れて簡単な料理にすることができます。

マグロ、サケ、鶏の胸肉などをお忘れなく。サラダ、ライス、スープに加えてタンパク質量を増やすことができますよ。

2. 簡単なひと手間でスープの栄養価を高める

スープの栄養価を高めるには、無脂肪ミルクや豆乳を混ぜることで簡単にできます。

スープは熱を加えるので、いくつかの凍結野菜やほうれん草などを放り込んで、栄養と風味や嵩(かさ)を加えます。

野菜は食物繊維摂取が目的なので、「量」が必要です。摂取量を増やすためには温められた料理のほうが食べやすいです。

冷凍食品の野菜は、必要なものだけを使用し、数分で食べる準備ができるので便利ですね。

3. あらかじめ洗った緑黄色野菜を使う

あらかじめキレイに洗った葉物野菜や各種のスライスされた野菜、ベビーキャロットなどを活用すれば素早くサラダの準備ができます。

今の時代、新鮮な野菜は、農家に行かなくても近所の市場やスーパーで入手できます。

刻んだニンニクやタマネギを入れてスチーマーで蒸したり茹でたりすると、数分でグルメ料理が味わえます。

また、低脂肪のドレッシングといくつかの事前に調理された鶏やエビをうまく活用してください。

このような簡単な組み合わせで、あなたは毎日迅速かつ健康的な食事をとることができますよ。

レシピ例

プランA

  • 100gのサーモンとレモン
  • 160g蒸し緑豆とニンニク
  • 炊飯玄米150g
  • 大きな葉緑色のサラダ
  • 減量カロリーサラダドレッシング(30g)
  • スナック

プランB

  • 100gのエビのグリル
  • 150gの玄米ご飯
  • トマト、ピーマン、ニンジン、キュウリ、タマネギ
  • 低カロリードレッシング
  • 緑豊かな野菜サラダの上にのせてワンプレートで楽しむ

プランC

  • 85gのグリルステーキ
  • 160gのキャベツや葉物野菜炒め(10mlのオリーブオイルで)
  • 蒸しケール、ホウレンソウ
  • ジンジャーを添えた1/2の小さなサツマイモ

まずは、簡単にできることから楽しんでくださいね。