あなたの現在のトレーニングルーチンに「体幹を鍛えるためのトレーニング」を加えることで、筋肉の安定性を高めることができます。

それによって、あなたはより強度の高いトレーニングを行ったり、より重いウエイトを持ち上げられるようになったりします。

良いニュースは、身体全体のバランスや筋肉の安定性を高めるためのトレーニングが難しいものではないということです。

簡単に始められます。

もっとも理にかなった方法としては、あなたが現在行っているトレーニングの一部を取り入れ、難易度を調整することです。

いくつか例をあげましょう。

体幹を鍛え身体のバランスを改善するための6つの運動法

1. 片足スクワット

片足スクワットは、あなたのコア(体幹)、臀部(ヒップ)、四肢、そしてあらゆる小さな筋肉を鍛え、また足首の筋肉の安定性を高める効果があります。

初めて行う場合は、自分の体重だけを使い、片足スクワットの動きに慣れるまでバーや椅子を使うと良いでしょう。

あなたの身体の安定性が高まるにつれて、ウエイトを持ちながら片足スクワットをすることも可能になります。

2. チェストプレス/ショルダープレス

ウエイトトレーニングをする男性

チェストプレスやショルダープレスは、コア(体幹)の安定性を向上させ、上半身の不均衡を解消するのに役立ちます。

両手を使う器具のため、利き手ではないほうの腕や肩、胸の筋肉を効果的に鍛えることができます。

このトレーニングは、週に一回あなたのトレーニングルーチンに加えるのが理想的です。

3. バレエ・ヨガ・ピラティス

バレエ・ヨガ・ピラティスのようなゆっくりとしていて安定的な運動を行うことで、体幹筋肉を鍛えられます。

このような運動は、コア(体幹)の強さと安定性にフォーカスする傾向があります。

新しい方法で身体をコントロールすることを学ぶのは、あらゆるスポーツのパフォーマンスアップに役立ちます。

4. バランスボール

バランスボールをする女性

バランスボールを使うことは、身体のバランス感覚と体幹筋肉を鍛えるための素晴らしい方法です。

バランスボールはジムでも家でもオフィスでも使えます。

イスの代わりにバランスボールを使うのは、座ったときの姿勢を改善するのに役立ちます。これにより、不自然な姿勢で長時間座っていることによる腰痛を緩和することができます。

5. ハーフボール

ハーフボールは、半球の上を使ったり下を使ったりすることでトレーニングの強度を上げることができます。

おもに激しいスクワットやデッドリフト、またプランクによって体幹筋肉を鍛えるときに役に立ちます。

6. サスペンショントレーニング

サスペンショントレーニングをする女性

(引用:http://trxtraining.jp/about/suspension-training/

サスペンショントレーニングは、重力と体重を利用して筋力をつけたり運動範囲と柔軟性を高めたりするための優れたトレーニングです。

このタイプのトレーニングでは、各エクササイズであなたがどの程度の難易度にするかをコントロールすることができます。

サスペンショントレーニングは、身体の位置を調整することで抵抗を増減させられます。

サスペンショントレーニングでできるエクササイズの多くは、筋肉のバランスと安定性を鍛えることに焦点が当てられています。

まとめ

体幹を鍛え身体のバランスを改善するための6つの運動法

  1. 片足スクワット
  2. チェストプレス/ショルダープレス
  3. バレエ・ヨガ・ピラティス
  4. バランスボール
  5. ハーフボール
  6. サスペンショントレーニング

どのトレーニングが優れていてどのトレーニングが優れていないということはありません。

体幹を鍛える最善の方法は、あなたに合った体幹を鍛えられるトレーニングを見つけることです。

また、このようなトレーニングを行うときにも、バランスの取れた栄養を身体に与えることを忘れないでください。