あなたは日に3食?それとも6食?

・一度にたくさん食べますか?
・それとも少量ですか?

私達は誰もが食事をします。
ですから食事方法の議論になると誰でも参加したがりますよね。

ダイエットに関してよく議論になることは1日に何食、食事をとるべきかという事です。

中には間食することに対して絶対的に反対の方もいます。
完全に1日3食だけに制限し、それ以外は食べない方です。
彼らからすると間食は単に余計なカロリー摂取に過ぎません。

その一方で、1日を通して少量の食事を小分けに取ることで食欲をうまくコントロールできると
いう方もいます。
そのような方は1日に5食から6食取るそうです。

どちらがいいのでしょうか?

結局のところ、3食がいいのか6食がいいのか、最近の研究でもはっきりどちらとは証明されていません。

気にするべき点は、トータルでどれだけエネルギーを摂取したかであって、どれくらいの頻度で摂取したかではありません。
すなわち、減量をしている方は合計の摂取カロリーを気にする必要があります。

間食は決して悪いことではありませんが、必ず目標としている1日の摂取カロリーを超えないようにしてください。
一般的におやつと呼ばれているものを思い浮かべると、脂っこく、塩分や糖質も多い、チップスやクッキーにキャンディー等ですよね。

減量をするならおやつはダメといった概念が刷り込まれているのも無理はありません。

間食=ジャンクフードの場合は、余分なカロリーを摂取しているだけに過ぎません。

普段の食事のカロリーコントロールでさえ苦労しているため、間食は一切しないという方もいます。

もちろん、ヘルシーなおやつはいくらでもあります。

私が個人的に少量の食事を1日に何回も取る方に賛成なのはそれが理由です。

食べる回数を増やすことで摂取できる栄養も増えるのです。

仮にあなたが1日に7-10種類の野菜とフルーツ、2種類の乳製品、それにたんぱく質を取ることを目標にしているとします。

このすべてを3食の食事だけで取ろうとするととても大変ですが、間食の時間に野菜&フルーツや、ヨーグルト、又はたんぱく質を取ることで目標をもっと簡単にクリアすることができます。

ここでもう一つ、1日に食事の回数が少ない方は、1日中ほとんど食べていないと言い聞かせて、いざ食事の時間になると好きなものを、好きなだけ食べてしまう傾向があります。

また、一度にたくさん食べておいて回数を少なくしたほうが食欲を抑えることができるという方もいます。

しかし、それはほとんどないでしょう。
このような方たちの多くは実際に間食をしてしまっています。

食事の回数を増やすことで一回の食事の量をコントロールすることができるのです。

頻繁に食事をする方は、毎度の食事を少しずつ減らして少量でも満足できるように慣らしていきましょう。

数時間後にはまた食事の時間になるのですから。

健康的な食事をする素晴らしい点はこれです。

食物繊維たっぷりのフルーツと野菜、それに全粒粉などは比較的低カロリーですし、低脂肪でたんぱく質が多いため食欲をコントロールしてくれます。

つまり数時間おきに食事をとっていても高カロリーになることを気にする事なく、量と質を確保できるのです。