人間の身体はエネルギー源として自然に脂肪を燃焼しますが、もっと効率的に脂肪を燃やせるようにするにはどうすればいいかご存知ですか?

この記事では「脂肪を燃やすために身体をより良く鍛える方法」についてお話しします。

ダイエットをしている人はたいてい、痩せることや体重を落とすための近道を聞きたがります。

しかし、少し時間をかけて「効率的に脂肪を燃やすための運動法」を学ぶことで、結果的に脂肪の燃焼を早めることができ、より良い結果を得られます

「短距離走のアスリートだった私は、どんなタイプの持久走のトレーニングも好きになれませんでした。60分以上歩いたり走ったりするという考えは、まるで拷問のように聞こえました。

しかし、子どもを産んだあと、私はときどき長い時間エクササイズをすることには大きなメリットがあることに気付きました。それは私のウエストラインにとって良いだけでなく、精神面にとっても素晴らしい効果がありました。

いまは正直に言って、私は長時間のトレーニングの日を楽しみにしています。

また、持久力のトレーニングを始めてから、心臓や血管の健康レベルが劇的に向上しました。この効果は短期間のセッションでも感じられています」

Samantha Clayton

脂肪を燃やして体重を減らし、身体の調子を上げる方法はたくさんあります。コンフォートゾーン(快適な空間)から抜け出して、あなたの生活に次のヒントをいくつか追加するだけです。

脂肪燃焼を早めるための5つの方法

1. 耐久トレーニングのための時間を作る

少なくとも週に一回は、長時間の持久力トレーニングの時間を作ってください。

快適なペースで長い時間歩いたり走ったり自転車に乗ったりすることは、身体が脂肪を燃やすのに最適な方法です。

あなたの身体は、長時間のトレーニングのために大半のエネルギー源として脂肪を使います。いったん身体を動かし始めて強度レベルを上げると、身体は蓄えられた炭水化物をエネルギーとして燃やします。

トレーニングは、体力の6/10程度の強度レベルを保つようにしてください。

毎週集中して60分から90分ほどを費やすことは、あなたの心(精神面)の健康にとっても良いことです。

2. インターバルトレーニングを行う

インターバルトレーニングは脂肪燃焼に非常に効果的です。

高強度のインターバルトレーニングでは、身体は運動中には炭水化物をエネルギー源として使いますが、運動後の回復過程では脂肪を燃焼させます

インターバル形式のトレーニングは(ランニングなどの)定常状態のトレーニングよりも時間がかからず、30分間のトレーニングで驚くほど多くの脂肪燃焼効果を得ることができます。

このスタイルで週に二日運動するようにしてみてください。

ちなみに僕は、インターバルトレーニングを取り入れて三日で体脂肪率が6%減った経験があります。なので、この方法は非常におすすめできます。

3. 筋力トレーニングを行う

筋肉を増やすと、安静時でもより多くのカロリーが消費されるようになります。

身体は、脂肪を維持するより筋肉を維持するほうがより多くカロリーを必要とします。そのため、筋肉を増やすことで長期的な脂肪燃焼効率を上げることができます

また、筋トレをすることで身体に脂肪燃焼スイッチが入るため、より脂肪が燃えやすくなります。

4. 十分な栄養補給を行う

あなたが選んだ食べ物や飲み物は、身体に対して直接的な影響を与えます。

炭水化物や健康的な脂肪(オリーブオイルや青魚の油など)、タンパク質を毎日バランス良く摂ることを意識してください。特に長時間トレーニングした日は、運動後30分以内にタンパク質を摂るようにしてください。

また、筋肉のグリコーゲンを回復させるために、運動後に少量の炭水化物も摂取するようにしてください。

5. 休息する

休息することも大切です。

あなたが週に五日強度の高いトレーニングをしているなら、身体を回復させて筋肉を再生するために二日間を休息にあててください。

まとめ

  • 脂肪燃焼を早めるための5つの方法
  1. 耐久トレーニングのための時間を作る
  2. インターバルトレーニングを行う
  3. 筋力トレーニングを行う
  4. 十分な栄養補給を行う
  5. 休息する

正しい栄養摂取と運動の習慣を身につけることは、長期的に見てカロリーや脂肪の燃焼効率を高めるための完璧なプランです。

一貫性は成功への鍵です。週五日、エクササイズをしてアクティブに過ごすようにしてください。

生活が忙しかったり運動に慣れていなかったりして週五日できないなら、この言葉を覚えておいてください。

「何かをすれば、何もしないより良い結果が得られる」