飛行機に乗っているときに機内で身体を動かすことは、あなたの全体的な健康にとって極めて重要です。

飛行機に乗るというのは長時間座っていることを意味します。

長時間座ったままでいると血流が滞り、最悪の場合死に至ります。昔、ワールドカップのサッカー選手がエコノミークラス症候群になったというニュースもありました。

フライトが長時間になればなるほど座ったままでいるのは危険です。この記事では、エコノミークラス症候群を防ぐために飛行機内でできることをご紹介します。

子どもが長時間じっと座っているのを見たことがありますか?

「私はいつも子どもたちに『そわそわしないでじっとしていなさい』と言っていますが、身体を動かすことの重要性を知っているため、彼らが言うことをきかなくても怒らずに笑っています。

実際、子どもたちの考えは正しいのです。運動が私たちの気分改善に非常に貢献するという事実を見れば、子どもたちがほとんどいつも幸せであることは理にかなっています」

― HERBALIFE NUTRITION Samantha Clayton

人間の身体は、ひとつの場所に何時間も座っていられるようにはできていません。人体は動くようにできているのです。

長時間じっと座っていることは、あなたの血行に影響を与え、身体を固めてしまうので、できるだけ避けるべきです。

多くの航空会社では、脚を伸ばしたり身体を揺らしたりして血流を効率よく循環させるためのエクササイズシートを用意しています。ぜひ活用してください。

また、エクササイズシートのルーチンは一度やれば十分だとは思わないでください。あなたの身体に耳を傾けて、必要だと思ったときにはいつでも行ってください。

フライト時間が長くなるのであれば、エクササイズシートのルーチンを数時間おきに実行し、身体が固まらないようにしてください。

たとえば、長時間本を読んだりスマホや機内の映画を見たりすると、首の筋肉が固まります。また、変な角度で寝てしまった場合も、首が固まっています。

もしそうなった場合は、首だけじゃなく全身の血流を循環させるように身体を動かしてください。

自分のなかの内なる子どもと繋がる

HERBALIFE NUTRITIONのワールドワイド・スポーツパフォーマンス&フィットネス・バイスプレジデントであるSamantha Claytonの機内での体験談が非常におもしろく、また参考になります。

「私は機内で座っているとき、自分の身体がやりたいことをやろうと決心しました。

私は通路に出て身体を伸ばしました。素晴らしい気分でした。その控えめな通路上のエアロビクスは、周りにいた人から視線や笑いを受けること以上の価値がありました。

私は誰の邪魔にもならないように、小さなスペースを最大限に活用しました。私は背が高くないので、天井まで手を伸ばすことができました。それはとても快適で、首と肩に張り付いた緊張感をほぐすことができました。

私の行動に興味をそそられた人が何人かいたと思いますが、残念なことに全員恥ずかしがり屋で、私に加わろうとする人はいませんでした。

私たちは幼いころから静かに座って大騒ぎしないよう教えられてきましたが、私の右側に座っていた好奇心旺盛な乗客がフィットネスに関する質問をいくつかしてくれたので、喜んで説明しました。

私には、人々に自分の身体の所有権を獲得するよう刺激する使命があると思っています。人々が社会的なしがらみから解放される必要が生じたとき、その手助けをすることもそのひとつです」

― HERBALIFE NUTRITION Samantha Clayton

エコノミークラス症候群を防ぐために飛行機内でできる3つのこと

1. 頻繁(ひんぱん)に水分補給をする

水分を十分に摂取して、体内の水分バランスを保つようにしてください。

十分に水分補給をすれば、機内の過酷な空調にさらされても肌のハリを保つことができます。

また、喉が渇かないように頻繁に水を飲むと、脱水頭痛を避けられます。

飲酒をすることは、あなたをトイレに行くために身体を動かさざるを得ない状況にする効果があります。

2. 快適に座る

背中が背もたれに完全に支えられるように座り、ときどき脚や首、肩のストレッチをすることで身体がリフレッシュされます。

3. 身体を動かす

飛行機のなかを定期的に移動してください。

エクササイズシートが用意されている場合は、それに従う時間を作ってください。

まとめ

  • エコノミークラス症候群を防ぐために飛行機内でできる3つのこと
  1. 頻繁(ひんぱん)に水分補給をする
  2. 快適に座る
  3. 身体を動かす

あなたの内なる子どもの声に従ってください。

今度飛行機に乗るときは、恥ずかしさを振り払って、少しでも動きましょう。どれほどの解放感があるか、驚くかもしれません。