たいていの親は、できれば自分の子どもには四六時中スマホを弄ったりゲームばかりする子よりも、健康で活発な子に育ってほしいと願うものでしょう。

僕には子どもはいませんが、もしいたとしたら(たとえそれが親のエゴだとしても)そう願うと思います。

僕は、子どもの健康と将来のために、彼らに身体を動かすことの大切さや楽しさを知ってもらうことは重要だと考えています。

もしあなたが子どものライフスタイルをより健康的なものにしてあげたいと思っているなら、この記事はかならず役に立つはずです。

今日は「あなたの子どもを健康で運動好きな子に育てるための6つのヒント」をご紹介します。

あなたの子どもを健康で運動好きな子に育てるための6つのヒント

1. 医師に相談する

もしあなたの子どもがなんらかの疾患や病気を患っている場合、かならず担当の医師に相談してください。

また、現在あなたの子どもが運動する機会をほとんど持っていない場合も、医療機関等で子どもの健康状態をチェックしてもらうことをおすすめします。

少し前までは「活発」と「子ども」という言葉はほぼイコールでしたが、現代はスマホやゲームの普及により、子どもたちが走り回ったりスポーツをしたりする機会が減っています。

非活動的なライフスタイルから急に活動的なライフスタイルに移行することは、子どもの身体や心にショックを与える可能性があります。

身体活動の変化は緩(ゆる)やかでなければなりません。

ライフスタイルを変える前に子どもの健康状態をチェックすることが、健康的なライフスタイルへの最初の一歩です。

2. ルーチンを作成する

健康的なライフスタイルへの旅を始める最良の方法は、週に二日アクティビティーを行う日を決め、それを家族の習慣にすることです。

子どもが運動を義務に感じないよう遊び心を忘れず、ハイキング、自転車でのツーリング、スポーツなどのアクティビティーを企画してください。

また、アクティビティーの計画に子どもたちを参加させてあげてください。

遊びは計画自体も楽しいものです。計画に参加すれば、子どもたちはますます熱中するようになります。

3. テクノロジーを取り入れる

スマホやゲーム、タブレットなどの現代的なテクノロジーに依存している子どもがいる場合、それらを取り上げて無理に運動させようとすると激しく反発される可能性があります。

無理やり取り上げたり禁止したりする代わりに、身体を動かすようなゲームやアプリを取り入れ、アクティブなライフスタイルにゆっくり移行しましょう。

ダンス、フィットネス、アクティビティーゲームなど、子どもたちが活動的になれるようなゲームはたくさんあります。

これは従来のアウトドア活動をまったくやらなくていいということではありませんが、方向性としては決して間違っていません。

4. 基本に戻り、シンプルに保つ

あなたが若いころ、友だちと簡単なキャッチボールをして遊んだことはありますか?

僕は大学生のとき、たまに仲の良い友だちと公園でキャッチボールをしていましたが、ただそれだけで楽しかったことを覚えています。

シンプルな身体活動とスポーツなどの複雑な身体活動の両方を行うことは、子どもの神経系の発達に大きく貢献します。

これらのアクティビティーには、ボールを蹴る、キャッチボール、ホッピングなどが含まれます。

このような運動は、フィットネスというよりゲーム感覚で楽しめるのも良い点です。

5. フィットネスに精通する

子どもたちは自分になにができるかについて、ネットやテレビから非常に多くのアイデアを得ています。

あなたの子どもは、他の子どもが重いウエイトを持ち上げている姿を写真や映像を見るかもしれません。

実際には、子どもにウエイトトレーニングをさせるのは決して良いことではありません。

ウエイトトレーニングを始めてもよいとされる年齢については意見がまちまちで、正しい情報は誰も知らないというのが現状です。

ただ、ウエイトを使わない自重トレーニングは、体力と適切な筋力をつけるのに最適な方法です。

6. 模範を示す

あなたが子どもに与えられる最大の贈り物は、あなた自身が健康的な習慣を実践することによって模範を示すことです。

DVDやYouTubeなどのフィットネスプログラムを活用して、あなたが運動を楽しんでいる姿を子どもに見せてください。あなたの子どもが自分もやりたいと言い出したら、参加させてあげてください。

注意:あなたの家にウエイトマシンやトレッドミルがあるなら、子どもがそれに近づかないように気をつけてください。稼働中のトレッドミルでの落下は、消えない傷痕や火傷を引き起こす可能性があります。

まとめ

  • あなたの子どもを健康で運動好きに育てるための6つのヒント
  1. 医師に相談する
  2. ルーチンを作成する
  3. テクノロジーを取り入れる
  4. 基本に戻り、シンプルに保つ
  5. フィットネスに精通する
  6. 模範を示す

親の習慣や選択は、良くも悪くも子どものライフスタイルに大きな影響を与えます。

子どもたちを健康で活発な道へと導くか、それとも不健康で非活動的な道へと導くか、それは親の選択次第です。

あなた自身が健康的なライフスタイルを楽しく過ごし続けるなら、あなたの子どもが同じ道に進む可能性は高くなるでしょう。