あなたの健康的なライフスタイルのためには「栄養」が大切、ということはご存知ですよね。

果物、野菜、乳製品を十分に摂取できていますか? 摂れている? そう、それは素晴らしい。

では、あなたの家族の皆さんはいかがですか?

ひょっとしたら、もっとも重要な栄養素が不足しているかもしれませんね。

栄養の「基本のキ」

残念なことに、多くの人は脂肪や糖分の多い食べ物からカロリーを摂りすぎているのに、重要なビタミンやミネラルなどの栄養分が少なすぎす。

これは、ビタミンやミネラルのもっとも豊富な供給源である果物や野菜も十分に摂取していないということです。

また、乳製品を十分に消費していないため、必要なだけのカルシウムやビタミンDを摂ることが難しくなっています。

食事で不足しがちなビタミンやミネラルを、何の目的でどこから摂取できるのかを理解することは重要ですね。

特別に必要な五つの栄養素

葉酸

葉酸はDNAの生合成に必要です。また細胞の製造とメンテナンスのために必要なビタミンです。特に妊娠期および授乳期には重要です。

葉酸は、細胞の製造と維持、特に細胞の急速な成長期に必要な8種類のビタミンB群のうちのひとつです。

そのため、女性は妊娠前と妊娠中に十分な量を摂取することが非常に大切です。

葉酸は身体全体に酸素を運ぶのを助ける赤血球だけでなく、遺伝物質の製造にも使用されます。

葉酸を摂取するためには何を食べるといいのか?

葉酸はホウレンソウの葉から発見されました。

葉酸という名称は「葉」という言葉を意味するラテン語の「フォリアム」に由来しています。

葉酸は緑豊かな野菜(アスパラガス、ブロッコリー、アボカド、柑橘類、ナッツ類、豆類)に豊富に含まれています。

要するに、これらの野菜を食べるといいということですね。

ビタミンA

ビタミンAのおもな機能は「視力を維持すること」です。

ビタミンAには

  • 目から脳への電気信号の伝達には欠かせないプレーヤー
  • 皮膚や粘膜の健康にも働きかけ、感染症の予防にも役立つ
  • また、生殖や免疫系の機能もサポートしている

という特徴があります。

ビタミンAは肝臓、卵、バターなどの動物性食品に含まれています。

ビタミンAの大部分は「ベータカロテン」という形でも摂取できます。ベータカロテンは多くの果物や野菜に深い緑、黄色、オレンジ色を与える化合物です。

ベータカロテンを摂取すると、体内でビタミンAの活性型に変換します。

人参、ウインタースカッシュ、桃、アンズ、パパイヤ、サツマイモ、葉野菜、ブロッコリーなどを食べるとうまく取り込むことができますよ。

カルシウム

カルシウムは体内でもっとも豊富なミネラルで、骨や歯にほとんど保存されます。ほとんどの人は、カルシウムがこうした組織の健康維持にどれほど重要であるかを知っています。

ただし、他の重要な役割も果たします。

カルシウムは、筋肉の収縮に関与し、心拍を調節するのに役立ちます。さらに、神経系の細胞が相互に伝達するのにも役立ちます。

カルシウムは酪農製品、葉菜、豆腐、豆類、アーモンドに含まれています。

ビタミンD

ビタミンDは消化管からのカルシウムとリン吸収を刺激し、これらのミネラルが蓄えられる健康な歯と骨格を形成し、維持することを手助けします。

また、ビタミンDは適切な筋機能にも必要であり、免疫系の活動をサポートします、

ビタミンDは「太陽のビタミン」と呼ばれることがあります。体が十分な日光を浴びることでこのビタミンが作られるからです。

しかし、ライフスタイルの変化や日焼け止めの使用などにより、現代人は日光浴不足の傾向にあります。

ビタミンDの自然食品源は意外に少ないです。

脂っこい魚、卵黄、肝臓などに含まれます。また、牛乳はカルシウムの貴重な原料になります。

カリウム

カリウムは、中枢神経系が刺激を身体中に送ったり、健康的な血圧を維持したりするのに役立ちます。また、食物からエネルギーを効率的に抽出します。

心筋も含めてすべての筋肉が適切に収縮するためには、カリウムが必要です。

  • メロン、バナナ、アボカド、アプリコット、柑橘類、イチゴなどの果物にはカリウムが豊富に含まれている
  • カリウムを含む野菜はトマト、ニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリー
  • 牛乳はカルシウムやビタミンDとともに、カリウムの供給源としても素晴らしい食品

まずは、今日の記事の5つの栄養素を含む食品を見つけて、食卓に並べてくださいね。