私はニュートリション(栄養)講座で日常の食生活のコーチングをしています。

あるとき、クライアントが果物の健康上のメリットを否定しました。「砂糖がいっぱいだから」という理由です。

私がこの「果物の糖分は悪い」という考えを聞いたのは、これが初めてではありません。

数年前の低炭水化物ダイエットブームによって、なぜか「果物を食べるのが悪い」という考え方が一部の人に広まりました。

この「果物の糖分は身体に悪い」という神話は今も続いています。

しかし、この神話を信じている人に根拠を尋ねると、たいていの場合、正確なことは言わずに「果糖はすべて砂糖だ」とか「果物には炭水化物が多すぎる」とお茶を濁します。

だから私は、世界でもっとも健康に良い食べ物である「新鮮で全粒の果物」についての情報を明確にし、果物を弁護するために今日の記事を書くことにしました。

「果物はすべて砂糖」という間違い

まず、「フルーツは全て砂糖だ」という議論に取り組んでみましょう。なぜなら、それは明らかに間違っているからです。

新鮮な果物は天然の砂糖よりもはるかに有益な効果がある

果物は自然に発生する植物化合物で、水、ビタミン、ミネラル、繊維、植物栄養素が含まれます。こんなに栄養豊富なのにも関わらず、一食あたり75キロカロリー程度のカロリーしかありません。

果物ほど高栄養で低カロリーの食べ物を、他の食品で発見することはかなり難しいです。

では、「果物は炭水化物が多い」とか「糖分が多い」という意見を考慮する必要があるでしょうか?

たしかに、果物を食べるときに消費するカロリーの圧倒的多数は炭水化物によって供給されます。しかしそれは、果物中の天然糖である「フルクトース」という形をとっています。

「炭水化物が多すぎる」と言う人もいる

しかし、それは果物だけでなく、あらゆる植物性食品の本質なのです。植物性の食べ物は、ほとんどが炭水化物です。

しかし植物性の食品は、天然糖だけでなく健康的なデンプンや食物繊維を供給するセルロースなどの構成要素も含んでいます。

野菜を食べるとき、身体に入ってくるカロリーのほとんどは炭水化物です。しかし、「野菜には炭水化物がたくさん入っている」と文句を言う人はいませんよね。

砂糖が入っている、または炭水化物が多すぎるとして果物を食生活から排除する前に、あなたが食べる炭水化物の形態も考慮してください。

果物や他の植物性食品(砂糖、デンプン、繊維)に見られる自然炭水化物の栄養価には、大きな違いがあるのです。

食品の中にはわかりにくい形で砂糖や炭水化物が含まれている

たとえば、栄養的にはまったく何も入っていないあらゆる食品(ブラウニーからバーベキューソースまで)にも入っています。

果物の盛り合わせを見たとき、糖分はどれぐらい入っているでしょうか?

  • 平均的なオレンジは天然糖が約12グラムしか入っていません
  • カップ1杯のイチゴに含まれる果糖はたったの7gで、小さじ2杯未満です

にも関わらず、3gの食物繊維、約一日分のビタミンC、健康に良い抗酸化物質、そして葉酸とカリウムも摂取できます。

カロリーは50~60キロカロリーです。その全部が砂糖でしょうか? そうとは思えないですよね。

これに対して、600mlの清涼飲料水やコーラは225キロカロリーです。 もちろん、抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維はほとんど入っていません。炭酸水、人工着色料、味覚、そして60g前後の砂糖-カップの1/3くらい-を身体に入れることになるだけです。

私が「糖分たっぷり」と言うとき、それはこのような合理的ではない食品のことを指しています。

今日の記事が少しでも役に立てば幸いです。