ダイエットで体重が減ったことによる「肌のたるみ」に気が滅入ることがあるかもしれません。

運動だけで皮膚がもとの形に戻ることはありませんが、肌のたるみを改善するためにできることがいくつかあります。

この記事では「ダイエットによる肌のたるみを改善する6つの方法」をお話しします。

皮膚は身体の器官のひとつ

皮膚は身体の重要な器官です。絶え間なく変化する僕たちの身体に合わせて伸び縮みする能力は、僕たちの身体を守るために必要不可欠なものです。

しかし、劇的に体重が減った場合、皮膚の伸縮が追いつかず、長期間肌がたるんでしまうことがあります。

それでも、少しでも早く肌のたるみを改善する方法はあります。

ダイエットによる肌のたるみを改善する6つの方法

1. 短期間の大幅な体重減少を避ける

あなたが体重を信じられないほど早く、しかも大幅に減らしてしまうと、皮膚があなたの身体の変化に適応できなくなります。

体重減少の最良のアプローチは、肌のたるみを避けるためにゆっくりと行うことです。

一週間に0.5~1キロの減量が、持続可能で安全なペースです。

2. 筋トレをする

肌のたるみを改善する最良の方法のひとつは筋肉を鍛えることです。

そもそも肌がたるんで見える原因は、減量で体脂肪が減ることによって皮膚の下の隙間が広がるからです。

筋肉をつければその隙間を埋めることができ、肌がたるんで見えることもなくなります。

3. 過度の有酸素運動を避ける

過度に有酸素運動を行うと、脂肪だけでなく筋肉まで失ってしまうことがあります。筋肉が減ると、脂肪の減少とあいまって皮膚がたるんでしまいます。

有酸素運動をする場合は、あなたの身体に適切な栄養を与えてください。

そうすれば、身体を回復させ、貴重な筋肉が失われる可能性を減らすことができます。

4. 水分補給をする

水分補給はあなたの肌にとって非常に重要です。

十分な水分を摂取していないとき、体液は皮膚の表面から流れ出て、より重要な器官へと移動します。

脱水症状になると肌にシワが増え、また肌のたるみをより悪く見せてしまいます。

あなたが十分な水分補給をすると、細胞に水分がたっぷり含まれるので、肌にハリが出ます。

あなたが定期的に運動したり暖かい地域に暮らしていたりする場合は、より積極的に水分補給を行う必要があります。

5. 身体をよくマッサージし、潤いを与える

肌に優しい保湿剤で肌をいたわり、毎日お風呂で身体をマッサージすることで血行が良くなります。

これは、あなたの肌を美しく見せるのにも役立ちます。

6. 落ち込まない

ダイエットによる肌のたるみは、あなたが減量に成功したことの証でもあります。

皮膚があなたの肌に適応するために十分な時間を与え、健康でアクティブなライフスタイルに集中しつづければ、肌のたるみは時間とともに改善されていきます。

肌のたるみを見て気分が悪くなったときは、健康的なライフスタイルを送ることや定期的に運動することにフォーカスしましょう。

まとめ

ダイエットによる肌のたるみを改善する6つの方法

  1. 短期間の大幅な体重減少を避ける
  2. 筋トレをする
  3. 過度の有酸素運動を避ける
  4. 水分補給をする
  5. 身体をよくマッサージし、潤いを与える
  6. 落ち込まない