ダイエット中であっても、会社の飲み会や友人との外食が避けられないことがあると思います。しかし、週末に飲み会や外食があったとしても、体重を維持するのは難しいことではありません。

「ダイエット中だから飲み会や外食があっても素直に楽しめない」という人もいますが、対策さえ知っていれば食事を楽しみながらも体重を維持することができるようになります

大切なのは、良い習慣を常に守り、チートデイ(日)ではなく「チートモーメント(時間)」を持つことです。

体重は驚くほど簡単に増えますが、減量には時間と努力が必要です。金曜の夜は「ご褒美」と称して暴飲暴食、土日はソファに横になってスナック片手にひたすらテレビを観るなんて週末を毎週毎週繰り返していたら、体重が増えるのは当たり前です。

健康的な食事と運動の習慣は毎日行わなければなりません。特に、毎日栄養バランスの取れた食事を行うことが大切です。

もちろん、ときどき自分に「ご褒美」をあげることも大切です。忙しい一週間のあと、ちょっとしたご馳走を食べることでストレスを解消するのもひとつの方法です。

この記事では、そんなふうに週末を楽しみながらダイエットや健康の目標を達成するためのヒントをいくつか紹介します。

週末に食べ過ぎて体重が増えるのを防ぐための7つのヒント

1. 朝食と昼食を抜かない

夜に飲み会や外食の予定があるからといって、朝食や昼食を抜かないでください。

なるべくカロリーを抑えたいという気持ちはわかりますが、朝食と昼食を抜くのはダイエット的に良い方法ではありません

朝食と昼食を抜くことは、血糖値の低下、エネルギーの不足、集中力の欠如を引き起こします。

そして、食事を抜いたことで身体が「飢餓モード」になり、お腹が空きに空いているあなたは夜の食事をいつもの二倍以上も食べてしまう可能性があります。

飲み会や外食での暴飲暴食を防ぎたいなら、朝食と昼食はきちんと栄養バランスの取れた食事をしてください。

2. 日中に健康的なスナックを食べる

お腹が空いたら、タンパク質を含む健康的なスナックを食べてください。

タンパク質を含む健康的なスナックでお腹を満たしておくことは、あなたの健康にとっても良く、また飲み会や外食での食べ過ぎを防ぎます。

3. アクティビティーを企画する

週末を友人と過ごすなら、身体を動かせるようなアクティビティーを企画してください。

ボウリングやレジャー施設など、友人と週末に過ごす方法は食事に限る必要はありません。

4. 朝の習慣を守る

土日が休みだからといって、朝の運動をサボらないでください。運動や睡眠のリズム(規則性)を守ることがダイエットにも健康にも一番良い方法です。

休みだからといって寝すぎると、一日中無気力な気分になる可能性が高くなります。そしてそういう状態のときは、あなたが望むと望まざるとに関わらず、不健康なスナックに手を伸ばしがちです。

決めった時間に起きることは、一日中元気に過ごし、週末を最大限意義のあるものにするのに役立ちます。

5. 飲み物に注意する

飲み会で甘い飲み物を飲み過ぎないようにしてください。コーヒーやお酒のなかには驚くほど多くのカロリーが隠れています。

水分摂取を水で行えば、糖分の多い飲み物をあまり飲まなくて済みます。

6. 短いトレーニングで時間を最大限に活用する

時間に追われているなら、朝に10分の運動をやって、寝る前にもう一回10分の運動をやるようにしましょう。

サーキットトレーニングのようなインターバル形式で行われるシンプルな運動は、より多くのカロリーを消費し、週末をアクティブに過ごすのに役立ちます。

7. 常に運動する機会を探す

エスカレーターやエレベーターを使わないで階段を利用したり、お店の一番遠い場所に駐車したり、一駅か二駅分歩いたりするなど、なるべく身体を動かす機会を見つけてください。

まとめ

週末に食べ過ぎて体重が増えるのを防ぐための7つのヒント

  1. 朝食と昼食を抜かない
  2. 日中に健康的なスナックを食べる
  3. アクティビティーを企画する
  4. 朝の習慣を守る
  5. 飲み物に注意する
  6. 短いトレーニングで時間を最大限に活用する
  7. 常に運動する機会を探す

あなたがよりアクティブ(活発)になれば、不健康な食事に手を伸ばすことが減ります。

週末を楽しんでください。ただし、健康でアクティブになれるような良い習慣を守ることを忘れないでください。