あなたは「老化」を恐れていますか?

多くの人は、しわ、シミ、たるみ、白髪、体力の衰え、疲れやすさ……そういった「老化の兆候」を感じると、ひどく落胆します。そのため、(特に女性は)老化の兆候と闘うことに必死になります。

なかには、病的なまでに老化を恐れ、時間、お金、エネルギーをすべてアンチエイジングに注ぎ込む人もいます。

しかし、上質なワインや熟成されたチーズのように、年齢とともにより良くなることもできます。

この記事では、よくある老化の兆候と、それを改善し老化を遅らせるためのヒントを紹介します。

老化を遅らせるための3つのヒント

老化の兆候1:骨密度の低下

年と取るにつれて骨は自然に質量を失います。これは特に、閉経後の女性に当てはまります。

老化によって骨がカルシウムや他のミネラルを失うと、脆(もろ)く砕けやすくなります。

ちょっと転んだだけ、ちょっとぶつけただけで骨折するというのは、老化によって骨がスカスカになり、脆くなっているからです。

また、骨密度が低下すると背骨が身体を支えられなくなるため、姿勢が変化します。あなたも、腰を曲げて歩くおじいさんやおばあさんを見たことがあると思います。

老化を遅らせるためのヒント

運動は、健康的な骨密度を維持するための最良の方法のひとつです。特に、ウォーキング、ランニング、ジャンプなどの運動が最適です。

関節を動かし続けると、運動不足による関節痛が起こりにくくなります。

老化の兆候2:筋肉量の減少

加齢にともなう筋肉量の減少を「サルコペニア」といいます。何年にもわたって筋力が低下し、筋肉が弱くなっていきます。

これは、ホルモン、神経、食事の問題など、さまざまな要因によって引き起こされると考えられています。

老化を遅らせるためのヒント

自重トレーニングや筋力トレーニングを行うことで、筋力低下を遅らせることができます。

ウェイトリフティングやウェイトトレーニングをすると、筋肉をつけ、年を取っても体力を維持することができます。

老化の兆候3:ホルモンの変化

ホルモンの変化は、男女を問わず起こります。このホルモンの変化によって、体重が増える可能性があります。

老化を遅らせるためのヒント

ホルモンの変化は非常にストレスが掛かることがあるので、生活の「良いバランス」を保つよう心掛け、ストレスを軽減するための活動を行うことが重要です。

ヨガや瞑想、また単にあなたが好きで楽しめる活動を行うことは、ホルモンの変化による影響に対処するのに役立ちます。

おわりに

時間は誰にでも平等です。誰も老化を避けることはできません(ちなみに、老化は20才から始まります)

では、なぜ「年齢以上に老けて見える人」と「年齢より若く見える人」がいるのでしょうか?

彼らの違いは、「老化を遅らせる方法を知っているかどうか」と「それをきちんと実践しているかどうか」によってもたらされます。

老化を遅らせる方法を知っている人はたくさんいます。テレビやネット、雑誌には、そのような情報が山のようにあります。

ここで話していることも、別に特別なものではありません。少し勉強したことのある人なら知っていることであり、当たり前のことでもあります。

しかし、実際に老化を遅らせるための行動をする人はほとんどいません。たいていの人は「いいこと聞いたわ~」と思うだけで終わるか、1、2回実践してやめてしまいます。

情報というのは「料理」と同じです。どんなに最高級の食材を大量に買ってきても、調理せずに放置しておけば腐らせるだけです。

あなたの身体を絶品の料理のように美しく彩るためには、調理する(=行動する)という過程を飛ばしてはいけないのです。

この記事を読んでできそうなことがあれば、ぜひ今日から実践してみてください。