健康的な食事はストレスのない状態を維持するのに役立ちます。

ときにはストレスになるような出来事、たとえば「車が動かない」とか「洗濯機が壊れた」というようなトラブルは、人生のなかではよくあることです。このような些細なことでも、私たちはかなりストレスを感じます。

ストレスとは、私たちがその問題に対処できるように集中するために必要な「刺激剤」でもあります。

軽いストレスであれば放っておいても解消されることがありますが、仕事上の不安定な要求に直面したとき、また財政状態の長期的危機にさらされているときなどは、ストレスが慢性化します。

ストレスに対して人間の身体は、緊張させて注意を促します。

人間は突然の危険や脅威から身を守るために、この「闘争・逃走反応」を進化させました。

しかし、この「ストレス反応」が常にオンになっていると、体の免疫力が低下し病気を防ぐことが難しくなります。

とくに「免疫システム」は栄養価の高い食生活に依存しています。ゆえに、健康的な食生活を実践することが「ストレス反応」に対するもっとも良い防御手段のひとつなのです。

強いストレスが続くと疲労やうつ病を引き起こす可能性があります。このようなときは、ストレス解消への刺激を求めて、脂肪や塩分、砂糖などが含まれている食べ物に誘われます

また、ストレス由来の疲れを解消するためにカフェインに頼ると、睡眠不足になって裏目に出るかもしれません。

これらの高カロリーの食品は脳内の特定の化学物質の放出を刺激することができ、少なくとも短期間には気分が良くなり、「食べ続けたい」と思うようになります。

このような悪い環境での食べすぎは体重増加につながり、心理的ストレスが増加します。そしてそれはより多くの過食へとつながり、悪循環を生み出す可能性があります。

ストレスを軽減するための5つの食事法

1. バランスの取れた食事をとる

一瞬でストレスを解消できるというわけにはいきませんが、ストレスレベルの管理や対処方法に役立ちます。

食事には卵白、低脂肪乳製品、脂肪の少ない肉、魚、大豆製品などの脂肪の少ないタンパク質を取り入れてください。タンパク質は空腹を満たし、精神的な緊張を保つ助けにもなります。

食事は新鮮な果物、野菜、全粒穀物を多めに食べてください。

2. ちゃんと毎食決まった食事をして、食事を抜かない

ストレスを感じているときは、食事を遅らせたり、全部抜かしたりするのは簡単です。しかし、結果的にエネルギーレベルが低下します。ガス欠の状態ですね。

また、空腹の時間が長すぎると人はドカ食いに走ります。ストレスで夜に食欲が止まらないとすれば、日中はもっと小食にしてください。

3. 食べ物をストレス解消薬として使わない

なにかをストレス発散の道具にするよりも、散歩をしたり、ハーブティーを一杯飲んでリラックスしたりするほうが良いです。

ストレスで「なにかを食べたい」という衝動が起きたら硬くて歯ごたえのある食べ物(アーモンド、落花生、ニンジンなどを一握り)を食べると、あごの筋肉を使うのでストレス解消に役立ちます。

4. カフェインを控える

ストレス解消のためにカフェインを摂取する人がいますが、カフェインは夜の睡眠を乱すことがあります。

カフェインで夜眠れなくなったら、カフェイン抜きのコーヒーや紅茶を飲んでください。

5. 仕事や他のストレスの原因から離れて食事の時間を楽しむ

食事中はゆっくりリラックスする時間を取ってください。 そうすれば、食べる量を減らして楽しめるようになるでしょう。

まとめ

ストレスを軽減するための5つの食事法

  1. バランスの取れた食事をとる
  2. ちゃんと毎食決まった食事をして、食事を抜かない
  3. 食べ物をストレス解消薬として使わない
  4. カフェインを控える
  5. 仕事や他のストレスの原因から離れて食事の時間を楽しむ