多くの人は、結婚式などの大きなイベントやデート、水着になる機会が近付いてきたときにやる気を起こします。

しかし、そういったイベントベースのモチベーションは長くは続かず、すぐに失われてしまいます。実際、食事改善や運動の計画だけして、行動に移す前にモチベーションが失われてやめてしまう人もいるでしょう。

しかし、季節やイベントに関係なく、あなたの身体は一年中大切にされるべきです。

短い期間だけ、あるいは特別なイベントのためだけに体調を整えるよりも、生涯にわたって体調を整えるほうがずっと優れています。

この記事では、あなたが生涯にわたって自分の身体を大切にできるように、運動のモチベーションを長く維持するための秘訣をお話しします。

運動のモチベーションを長く維持するための6つの秘訣

1. 「明日」はない

明日はありません。できることでいいので、今日から始めましょう。

小さな変化は、時間の経過とともにライフスタイルの大きな変化へとつながります。

「完璧な準備」なんてものはありません。ライフスタイルの変更を考えているなら、たとえば食事を変えたり運動をしたりしようと思っているなら、できることからいますぐやってください。

2. 「私にはできる」という言葉を使う

「私にはできない」とか「できなかった」という言葉は、無力感を募らせ、自分への信頼感を失うだけの言葉です。

そういう言葉を使う代わりに「私にはできる」という言葉を使いましょう。

毎日ポジティブな気持ちで、自分にはできると信じてください。前向きなアプローチは前向きな結果につながります。

3. 自分を好きになる

自分自身を否定しないでください。鏡で自分のイヤなところばかり見て「ここを変えなきゃ」と考えるのはやめてください。

たとえ目標が大幅な減量だったとしても、それは自分自身を否定的に見るべきだということではありません。

自分を甘やかす必要はありませんが、自分を大切にする必要はあります。

「私は不完全だ」と自分に言い聞かせることは、悲しい気持ちを呼び起こし、エネルギーレベルに悪影響を与えます。具体的には、無気力になり、無力感と自己肯定感の低下を招きます

できるだけ前向きに考え、前向きな発言をしましょう。

「私には向上心がある」「自分を最高の状態にしていく」といった意味の言葉は、精神を高揚させ、モチベーションを高めるのに役立ちます。

前向きな気持になれたら、長期的にモチベーションを持続させるためのものが必要になります。

それは「健康」と「栄養」です。栄養は、ダイエットや体調不良の解決策というだけではありません。

正しい栄養を摂取し、健康的なライフスタイルを送ることが、長期的にモチベーションを維持し、ポジティブな気持ちでい続けるための最良の方法です。

ヨーヨーダイエットや過激なトレーニングプランがうまくいかないのは、スタート地点とエンド地点が明確に定められているからです。

病気は治れば病院に通う必要はなくなりますが、ダイエットは目標を達成すれば元の生活に戻ってもいいというものではありません(というか、元の生活に戻るからリバウンドするのです)。

ダイエットは「習慣」です。健康的なライフスタイルを送るようになれば、ダイエットの悩みやリバウンドとは一生無縁でいられます。

4. アクティブな趣味を見つける

長い散歩やマラソンなどの活動的な趣味を見つけたり、新しいことを学ぶ環境があれば、常に努力することができます。

特に、趣味のグループやサークルに参加すると、半強制的にモチベーションを維持することができます。

自分ひとりでモチベーションを維持するよりも、そういう環境を利用するほうがモチベーションが維持しやすくなります。

5. 家族や友人と一緒に運動する

運動系のグループやサークルに参加しなくても、家族や友人と一緒に運動することで同じような効果を得られます。

6. 報酬を用意する

自分を刺激し続けられるように報酬を用意しましょう。

「このエクササイズを30分したらデザートを食べていい」のような小さなものでもいいですし、「ダイエットの目標を達成したら旅行に行く(新しい服を買う)」のような大きなものでもいいです。

あなたがわくわくできるような報酬を用意してください。そうすれば、つらい瞬間があっても乗り切れます。

まとめ

運動のモチベーションを長く維持するための6つの秘訣

  1. 「明日」はない
  2. 「私にはできる」という言葉を使う
  3. 自分を好きになる
  4. アクティブな趣味を見つける
  5. 家族や友人と一緒に運動する
  6. 報酬を用意する

モチベーションは人によって変わります。ある人のやる気を引き出すことは、あなたにとってはまったくやる気になれるようなことではないかもしれません。

あなたに合ったモチベーションの源泉を見つけましょう。

僕は、「痩せる」とか「筋肉をつける」といった見た目のことだけをモチベーションにはしないようにしています。しかし、たいていの人は見た目を良くしたいと思っているし、実際それが運動のための良いモチベーションになることは理解しています。

別に見た目をモチベーションにしてはいけないということではないのですが、「見た目が変わるには時間がかかる」ということをきちんと理解してください。

「見た目がどう変わるか」と「運動をしたときや運動をしたあとに自分がどう感じるか」を組み合わせてモチベーションにするなら、それは素晴らしい方法です。

ほとんどの場合、運動は見た目の変化よりも気分の変化のほうがずっと早いです。見た目が変わるのには数日間から数週間、ときには数ヶ月かかりますが、気分は運動した直後から変わります

あなたが「運動後の気分」をモチベーションにするなら、運動を習慣化するのはより簡単になるでしょう。

あなたがわくわくし、モチベーションを維持し続けられる方法を探してください。

計画を失敗させる唯一の方法は「諦める」ことです。途中で立ち止まることがあったとしても、あなたが前に進もうと努力し試行錯誤し続けている限り、それは「成功」です。