センテナリアン(100才以上の人々)の話を聞くと、彼らはほとんどの場合、長く生きることの秘訣を本能的に知っているような気がします。

現在の科学的な常識では「個人の寿命を決定する多くの要因は、遺伝学と環境との複雑な相互作用で決まる」と考えられています。

しかし、私たちが手に入れたい「長生きの秘訣」にはまだ明確な道があるわけではありません。それでも、少なくとも若干の可能性があるかもしれません。

「ブルーゾーン」と呼ばれる長寿スポット

ここには100才以上の人がたくさん住んでいます。

ブルーゾーンという用語は、イタリアの研究者がサルデーニャ島に生活する100才以上の人の分布をデモグラフィック(人口統計学的属性)で分類するために「青いインク」を使用したことから命名されました。

彼は分布を作成中に同心円上に青いゾーンが出現したことに驚嘆し、そこからブルーゾーンという表現が普及しました。

研究が進み、地図が進化するにつれて、ブルーゾーンは東中央サルデーニャ島で特に大きな集中分布が確認されました。これは、平均余命が島のどこよりも非常に高い濃厚なブルーゾーンでした。

その後時代が進み、沖縄、コスタリカのニコヤ半島、ギリシアのイカリア島など、世界中にブルーゾーンが確認されました。また、カリフォルニア州のロマリンダにもブルーゾーンが見つかりました。

これらのブルーゾーンは、距離的にも文化的にも明らかに離れすぎています。しかし、ブルーゾーンの人々のライフスタイルには類似点があるようです。

「ブルーゾーン」の人々の特徴

  • 食事を食べすぎることはありませんでした
  • ほとんどの人はタバコを吸いません
  • 身体的にも精神的にも積極的に行動していました
  • 古くからの宗教的な活動も活発でした
  • 彼らはアクティブに歩き回り、積極的にコミュニケーションをとり、自分自身を忙しくしています

注目すべきことに、ほとんどのセンテナリアンは90才を過ぎてからも一人で独立して生活しており、その大部分は人生の終わりまで非常に健康的です。

食事は日常生活のなかでも重要な出来事

彼らの食生活は、全粒粉、豆、ナッツ、新鮮な果物や野菜が豊富で、シーフードもたくさん食します。

健康的な食生活は、家族や地域社会との強いつながりを維持することの重要性へのコミットメントを反映したものです。

たしかにシンプルな生活ですが、これらのライフスタイルの慣行はより長く、健康的な生活の鍵となるかもしれません。

私たちは、これらの習慣から学び、採用することができます。

  • アクティブな生活を続け、
  • 適切な食べ物を腹八分目で食べ、
  • 人生の目的の意識を養い、
  • 家族や地域社会とつながって生きていく。

あなたはブルーゾーンに住んでいないかもしれませんが、ブルーゾーンの人々のように生活を組み立てることはできるはずです。