運動によって見た目が変わることは、たいていの場合最大のモチベーションになります。

体重計や鏡で自分の努力の結果を見たいと願うのは当然のことです。「もっとスリムなウエストや引き締まった脚を手に入れたい」という思いは、人をソファーからジムに連れていきます。

しかし、「運動の真のメリットは身体の内側にある」と言ったらどう思いますか?

健康的な食生活を続けたり身体を鍛えたりしたことのある人ならわかると思いますが、健康でアクティブな生活から生まれる「身体の外側(見た目)の変化」はゆっくりと起こります。

しかし、身体の内側で起こる多くの変化は、運動を開始するとすぐに起き始めます。

実はあなたの身体にとっては、身体の外側(見た目)に起こる変化よりも、身体の内側で起こるポジティブな変化のほうがはるかに重要なのです。

カーディオエクササイズ

カーディオエクササイズ(「カーディオ」とも呼ばれます)は、海外での「有酸素運動」の呼び方です。有酸素運動というのは心臓と循環器系に作用する運動のことで、とくに心臓のポンプ機能を改善するのに役立ちます。

心臓や循環器系のシステムは、僕たちが生きていくために毎日休まず働かなければいけません。カーディオエクササイズはこのシステムをより強く、より活発に働かせるための運動なのです。

ランニングやサイクリング、水泳などのエクササイズは、カーディオエクササイズの素晴らしい例です。

カーディオエクササイズ(有酸素運動)のメリット

安静時心拍数の低下

運動中のあなたの心臓は、大量の酸素を供給するために、普段より速い速度で血液を汲み上げようと一生懸命働きます。その結果あなたの心臓は、血液を汲み出すことがより効率化されます。

それはつまり、あなたの心臓が毎日の活動を維持するためにより効率的に働けるようになるということです。この変化は「安静時心拍数の低下」によって見ることができます。

減量

カーディオエクササイズであなたの活動レベルを上げると、身体はよりエネルギーを必要とします。つまり「余分な燃料」を燃やさないといけないということです。

その余分な燃料というのは「脂肪」です。身体に蓄えられた脂肪は、カーディオエクササイズのための主要な燃料源となります。

カーディオエクササイズによってエネルギーの消費量が増えることは、(カロリー摂取量の減少と合わせて)大幅な減量につながります。

ストレスの軽減

カーディオエクササイズは、「エンドルフィン」と呼ばれる脳の満足感を与える神経伝達物質の生産を促進します。

これはよく「ランナーズハイ」と呼ばれますが、テニスやウォーキングをしても同様の感覚を味わうことができます。

カーディオエクササイズをしていると、しばしば「動く瞑想」のように感じることができます。運動に集中し始めると、あなたのストレスレベルは下がっていきます。

結果として、運動後のあなたは肉体的には疲れているかもしれませんが、精神的にはエネルギーが満ちていることを感じられるはずです。

まとめ

最後にもう一度、カーディオエクササイズ(有酸素運動)の「身体の内側に起こる変化」をまとめておきます。

  1. 安静時心拍数の低下
  2. 減量
  3. ストレスの軽減

あなたの日課にカーディオエクササイズを追加することには多くのメリットがあります。そのなかでも一番大切なのは、それがあなたの心臓にとって良いということです。