新しく運動の習慣を始めると、ときどき肌のトラブルを引き起こすことがあります。

たまに、「汗をかいたらニキビや吹き出物ができるから運動しない」という人がいます。

たしかに発汗は皮膚の炎症や発疹の原因となることもあります。また、運動によって汗をかくことは避けられないというのも事実です。

しかし、トレーニング時に肌を守る方法をきちんと知って実践すれば、この問題は対処できます。

この記事では、トレーニング時に肌のトラブルを引き起こしかねないよくある間違いを避けるためのヒントを紹介します。

「運動による肌のトラブル」を防ぐための8つのヒント

1. 化粧をしない

化粧をしたまま運動すると毛穴がふさがるので肌に良くありません。

運動を始める前に化粧を取り除くようにしてください。

メイクなしで運動することができない場合、防水性のマスカラとリップグロスは着用しても問題ありません。しかし、ブラシとパウダーは常に取り除いてください。

2. 運動前に汚れを取り除く

脂(あぶら)や汚れが顔に付いたまま運動を始めると、汗が流れ出して毛穴が開いたときに汚れが詰まってしまう可能性があります。

これは、運動する前に顔を洗うことで防げます。

3. ヘッドバンドを着用する

運動中、ヘアーラインでかいた汗が顔に流れ落ちます。

ヘッドバンドを着用すると、汗を吸収し、Tゾーンや顎など肌のトラブルが起こりやすい箇所に到達するのを防ぐことができます。

そのため、いちいち顔の汗を拭き取ったりそのせいで余分な汚れを顔に付けたりといったことを防げます。

4. エクササイズマットにタオルを使用する

肌のトラブルは顔だけに限ったことではありません。背中や肩にも起こることがあります。

エクササイズマットは細菌の完璧な繁殖地です。

マットやベンチに触れる身体の部分をカバーするために運動服を着用するか、運動する前にタオルを敷いて肌を守ってください。

5. 肌を清潔に保ち、水分を補給する

運動が終わったら、顔を洗って肌に付いた汗を落としてください。

保湿剤や美容液を使うことは、肌を潤すのに役立ちます。

また、水分をたっぷり飲んで脱水症状を起こさないようにすれば、肌にも良い効果があります。

6. 紫外線を防ぐ

多くの人が屋外でトレーニングをします。

あなたがそのなかの一人なら、日焼け止めや紫外線防止の服を着用して、日焼けによるトラブルから肌を守ることが大切です。

7. 身体にフィットする服を着る

運動用に設計された着心地のいい服を着て、擦過傷による皮膚刺激を避けてください。

エクササイズ用の服は、汗を身体から拭き取り、肌への不必要な擦れを防ぐように作られています。

8. すぐに服を着替える

湿気の多い環境ではカビが多く発生しやすいため、エクササイズ用のぴったりした服を着ていると肌にトラブルが発生する可能性があります。

運動後はできるだけ早くシャワーを浴びて、新しい清潔な服に着替えてください。

あなたがジムや施設などでトレーニングする場合は、かならず着替えを持参してください。

まとめ

「運動による肌のトラブル」を防ぐための8つのヒント

  1. 化粧をしない
  2. 運動前に汚れを取り除く
  3. ヘッドバンドを着用する
  4. エクササイズマットにタオルを使用する
  5. 肌を清潔に保ち、水分を補給する
  6. 紫外線を防ぐ
  7. 身体にフィットする服を着る
  8. すぐに服を着替える

あなたの肌に悪影響を与える可能性のある問題を取り除くために最善を尽くしてください。

あなたにいままで運動の習慣がなく、肌が発汗に慣れていない場合、身体が新しいストレスに適応するのに少し時間がかかるかもしれません。

しかし、続けていれば身体はかならず適応します。少しだけ我慢して、定期的に運動することがあなたの健康にとって不可欠であることを覚えておいてください。