30年前、夫の転勤で北海道に来ました。観光客気分で毎週食べ歩きしていたら、25年で25キロ増えました。

年賀状に「今年こそ!ダイエット」と毎年書いていましたが、何をやっても痩せないので年賀状を出すのをやめてしまいました。

主婦と子育てに仕事、そしてボランティアと忙しいので、太るのは仕方がないと言い訳していました。

mitsuko_before

52才、太ったカラダを大き目のバックで隠しています。

25キロも増えたので、制服のサイズが合いません。できるだけ制服のない職場を選びました。今はやっと見つけた会計の会社で、フルタイムで働いています。
規定上、職員は階段を使います。でも身体が重いので、階段利用は午前中だけで、午後からはそっとエレベーターを使います。

横断歩道の信号が黄色になったら、渡り切れないので、次の青信号まで待つのが普通です。

お休みの日は、ボランティアで地域の子供たちの登山引率があります。
でも膝が痛いので、子供をおぶっての登山には自信がなくなりました。
カラダは重いけど頑張っていたら、ある日、胸の痛みを感じました。心臓です。

痛みが引かないので、循環器クリニックに行きました。診断は「狭心症」。
お医者様には「次に、同じ事が起きたら検査入院ですよ」と言われ、紹介状とニトロを持つことになりました。

会社の健康診断では「メタボ」の烙印を押され「要再検査」の赤紙を受け取りました。

ダイエットはこの25年、何でもやってみましたが、何一つうまくいかなかったです。
でも、戦争の召集令状のような「メタボ認定」の赤紙が来たからには、何とかしなけらばなりません。

それに、遠距離介護で両親を見ているので、今私が病気になるわけにもいきません。

mitsuko_after

25キロ痩せて嬉しかったです。

そこから真剣にダイエットをやってみようと思いました。
そんな時にダイエット・カウンセリングのチラシが舞い込み、最終の手段と思い真剣にやってみたんです。そしたら1日で1.2キロ、一か月で5.9キロ、そして1年半で25キロ減量し、なんと20才の時の体重に戻ることができました。

「ヤッター!」って感じです。 ダイエット期間中は、毎日の計測に一喜一憂しながら、コーチングとメンタル・サポートもあって、楽しく続けることができました。

以前の洋服サイズは18号でしたが、今は9号です。ものによっては7号だって大丈夫です。通販でしかお買いものした事がなかった私が、デパートでバーゲンをチェックし、店員さんにSサイズの服を薦められて試着し「スタイルいいですね~」と褒められます。本当に信じられないです。

太っているときは、今度はどれを試そうかな?とテレビ通販でダイエット製品探していましたが、今は全く見なくなりました。

しかも今回のダイエットはおまけがついて、パソコンを一日中使っての仕事でひどかった肩こり、頭痛、腰痛もいつの間にか消えてしまいました。身体が軽くなったら、気分もすっかり軽くなり、いいことばかりです。

痩せて、元気になったら走りたくなって来たので、会社の駅伝にも参加しました。

運動オンチだった私が今は娘とホノルルマラソンに参加しようかなんて話せて楽しいです。

ダイエットがきっかけで東京、大阪、シンガポール、バンコクと海外に行く機会も増えました。学び&遊びで修学旅行みたいに楽しんでいます。

そして自分がダイエットできたので、今はダイエットしたい方に「パーソナル ウェルネス コーチ」としてサポートを行きたいと思っています。
誰か困っている方がいたら、知らせてあげて下さいね。

みつこ 57才

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう