あなたのダイエット生活が、いつも誰かと共にするのであれば、気を付けたいポイントがあります。

夫婦あるいはパートナーと共に食事をする場合、それは男と女の違いを理解する事が、ダイエットの助けになることがあります。

通常、男性は女性よりも早く体重を減らす傾向があります。
女性は「同じものを食べても夫はスリムで太らない。私はそんなに食べていないのに太る一方」という不満を持ちます。

この記事ではパートナーと平和を保ちながら、一緒に減量目標を達成できるいくつかの方法を紹介します。

男性と女性では体重減少率が異なります。
一般に、男性は女性よりも早く体重を減らす傾向があり、これには理由があります。

男性は一般的に女性よりも身長が高く筋肉量が多いため、安静時代謝が女性よりも高くなります。男性は通常の摂取量からより多くのカロリーを減らし、毎日のカロリー消費を増やすことができ、より迅速な減量につながります。

あなたのパートナーをサポートするには:

同じ食生活、同じダイエット方法でも、同じ速度で体重を減っていく事はない、と理解する必要があります。

あなたが女性で、パートナー(男性)が大した運動もせずに簡単に痩せているように見えても、あなたのパートナーに憤慨しないでください。

ダイエットに取り組むスタンス:男性は活動を強化し、女性は摂取量を減らす傾向があります。

男性が体重を減らすと決めたとき、男性は運動量を増やすこと、つまり「カロリー消費を増やすことで減量する」という側面からアプローチする傾向が強いです。

一方、女性は「摂取カロリーを減らすことで痩せる」という考え方でダイエットに取り組む可能性が高く、より慎重な食生活の選択をします。

男女ともに摂取カロリーを減らし、さらに運動を組み込む方法は、体重を減らすだけでなく、それを減らした体重を維持するための最善の方法の一つです。

この原則を使い、お互いに相手をサポートする 。
  • パートナーと一緒にジムに行く、
  • あるいは同じスポーツに取り組む。
  • 可能な限り一緒に食事をするように予定を組んでみる。

男性は構造化された食事プランを好み、女性は柔軟性を好む。

多くの男性にとって、体重を減らすことは、ひとつの「チャレンジ」あるいは「乗り越えなければいけない課題」と見なしがちです。

彼らが「減量」に取り組むことを決定すると、男性はよりプログラム化された計画を求めます。「この腹筋300回、腕立て300回、食事はトリのささ身とキャベツのみ」などの固定化されたプログラムを選択する可能性が高くなります。

しかも多くの男性は「これで行ける」と思い込んだら、その計画をあまり替えたがらないでしょう。

一方、女性は、ダイエット中でも、食べ物の選択を楽しむ傾向があります。
しかも条件交渉もします。
今はダイエット中だけど、
「炭水化物を減らすので、大福はいいですか?」とか、
「ちょっとしたチョコレートはご褒美で食べてもいいですか?」
と聞いてくる方がいます。

女性特有の傾向:

女性はダイエットを一人で行う可能性は低く、多くの人が友人、団体、専門家からの支援を求めます。

ダイエット計画であなたのパートナーをサポートする:

ダイエット計画の両方のアプローチに利点があります。

1、非常に構造化された計画を立てると、日々行われる食糧の決定が少なくなり、プロセスが簡単になる傾向があります。しかし、非常に厳格で構造化されたダイエット計画を永遠に継続するのは難しいです。

2、女性の柔軟なダイエット計画のスタイルは、あなたが体重を減らすのに役立ちます。
しかも、ダイエット後もリバウンドしない健康な食事パターンを確立するのに役立ちます。

カップルのための妥協案は、まずはシンプルで確実なダイエット計画をつくります。
そして、パートナーと一緒に、計画の実行に固執することです。

そして、あなたの食生活を安定化させるためには、日々の生活に柔軟に対応しながらダイエット計画の基本路線から大きくは外れないことです。

そして、相互のサポートは本当に両方の当事者にとって素晴らしいことです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう