仕事で疲れたとき、だんだんとエネルギーや熱意がなくなっていくのを感じることはありますか?

今の時代、オフィスで長時間過ごすことは当たり前になっています。とくに事務仕事なんかは、一日中座りっぱなしでパソコン作業をし続ける、なんてこともザラだと思います。

たとえあなたが今の仕事が大好きで長時間働き続けるのが平気であっても、あなたの体はそういうわけにはいきません。仕事に費やす時間が長く、あなたの健康状態が十分でなければ、うつ病、体重増加、筋肉痛、筋肉衰弱などの問題が発生します。

今日は、仕事の合間にできる「エネルギーを回復する方法」をいくつか紹介したいと思います。

仕事で疲れた時にエネルギーを回復する6つの方法

1. 正しく座る

一日中座っていると、背中や腰を痛めることがあります。しかし、良い姿勢で座れば、そういった背中の不快な問題の多くを避けることができます。

良い姿勢で座るためのヒント

あなたの腰を適切にサポートするように椅子を調整してみてください。正しく調整された椅子は背中の負担を軽減します。

膝は腰よりもわずかに低く、足は床に平らでなければなりません。床に足を置くのが難しい場合は、フットレストを使用することで足を快適に休めることができます。

また、手首と前腕でキーボードを床と一緒にまっすぐに使用できるように、椅子の高さを調整してください。肘は体の側面に沿うようにし、関節は90度に曲げてL字型になるようにします。

パソコンの画面は斜めして、首を曲げずにまっすぐに見るように調整してください。

2. 頻繁に立ち上がる

一時間ごとにタイマーをかけて、一時間に5分以上立ち上がるようにしてください。部屋から退室する必要はありません。

起きて立っていると、緊張した筋肉を和らげ、血液や体液の循環を改善するのに役立ちます。

僕は「タイマーを55分にセットし、タイマーが鳴ったら5分間休憩する」というサイクルで仕事をするようにしています。

以前はだらだらと仕事をしたり逆にパソコン作業に集中しすぎて首や腰を痛めたりしていたのですが、タイマーを使うようになってから仕事にメリハリが出て、体を壊すこともなくなりました。

3. 緊張をほぐす

休憩中に好きな音楽を聴くことで、緊張をほぐし、気分を高めることができます。

あなたが幸せでリラックスした気持ちになるような曲のプレイリストを作成し、一日を通してそれらの曲のいくつかを聴くように工夫してください。

緊張をほぐすためのもう一つの方法は、その場でできる簡単なストレッチを行うことです。簡単なストレッチでも、緊張した筋肉を和らげるのに十分効果があります。

4. 瞑想する

瞑想は、職場でのストレスを軽減するのに役立ちます。人生の問題や不安を切り離し、心を鎮め、穏やかな「気づき」の状態になるようにしばらく時間を費やすことは、仕事に集中して生産性を高めるのに役立ちます。

世界的な企業であるGoogleでも「マインドフルネス」と呼ばれる瞑想法が取り入れられています。

5. 予定リストを作る

仕事や雑務に優先順位をつけず、明確な目標を設定しないことは、ストレスの原因になります。

エネルギーを回復することも大事ですが、仕事のストレスをなるべく減らし、エネルギーを無駄に消費しないように工夫することも大切です。

リストを作成する場合、あなたの仕事に優先順位をつけることで、落ち着いて仕事を時間どおりに進めることができます。最も重要な仕事を優先順位のトップに設定し、そのあとにより簡単で重要ではない仕事を設定しましょう。

リストを明確かつ簡潔にすることで、より生産的に働くことができます。

6. 同僚とコミュニケーションを取る

昼食や休憩を同僚と一緒に過ごすことで、仕事の負荷を切り離すことができます。自分ひとりで休憩すると、心配事に頭を悩ませたり「仕事を終わらせないと」という焦りから休憩時間を短くしたり、下手したら休憩時間を全く取らないなんてことにもなりかねません。

同僚だからといって仕事の話をする必要はありません。趣味や家族、休日の過ごし方から好きな食べ物や映画の話、なんでもいいのでお互いが楽しく話せるようなコミュニケーションを取りましょう。

定期的に休憩をとることは、仕事の生産性を高めるのに役立ちます。可能であれば休憩時間に何らかのアクティビティを追加してみましょう。歩くことや階段を上り降りすることなど簡単にできる運動でも、十分効果があります。

まとめ

仕事で疲れた時にエネルギーを回復する6つの方法

  1. 正しく座る
  2. 頻繁に立ち上がる
  3. 緊張をほぐす
  4. 瞑想する
  5. 予定リストを作る
  6. 同僚とコミュニケーションを取る

ストレスレベルが高まることは体重増加や病気に繋がります。

快適に座ってより効率的に仕事をし、活発に働けるように少しの努力をしてみましょう。仕事の生産性を上げると、自分の人生で自由に使える時間が増え、充実感も得られて、好きなことを楽しむ活動に集中できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう