運動能力を上げたいなら、適切な水分補給を身につけましょう。

電解質:なぜそれらを必要とするのか?

適切な水分補給は、一般的な身体機能だけでなく、パフォーマンスにとっても重要です。

研究は、正常から2%というわずかな脱水がピーク性能を損なう可能性があることを示唆しています。

あなたが脱水されるほど、あなたのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

運動中にスポーツドリンクを飲むことに加えて、運動を始める前に水分を十分に補給することが重要です。

あなたが汗をかくと、体液と電解質の両方が失われます。

電解質の役割は体内の液量を調節して水分を維持することです。

あなたの体は電解質が一定の範囲内にとどまることを要求し、不均衡になると、筋肉や神経の問題を引き起こします。

しかも、問題は筋肉や神経だけではとどまらず、いくつかの重大な問題を引き起こす可能性があります。

発汗中、ナトリウムは最も多く失われた栄養素です。

あなたが水和しているかどうかを簡単に知る方法は、尿の色と出力を調べることです。

健康な状態では明るい黄色をしています。

濃いものはあなたが脱水状態にあることがわかります。

これは良いツールですが、いくつかのビタミンが色に影響を与える可能性があるため、注意する必要があります。

しかし、水分補給は水を大量に飲めばいいというものではありません。

水の飲みすぎにも弊害があります。

これは、低ナトリウム血症と呼ばれる体内のナトリウム濃度を低下させます。

低ナトリウム血症は脱水症と同様に大きな問題になります。

これに対処するには、運動前に喉の渇きがないことを確認し、運動中にも水分補給ができるようにしてください。

フルマラソンや長距離のウォーキングなどの長時間運動をするには、体が失っています。

随時、炭水化物や電解質飲料を補給することが重要です。

 

運動中の水分補給と電解液摂取に注意を払うことは常に重要ですが、高温で運動するときはさらに重要です。

熱と脱水との組み合わせは危険な組み合わせになる可能性があるので、極端な熱で運動するときは、水の重量をあまりにも失っていないことを確認してください。

運動の前後に体重を計る。

一般的なルールとして、運動中に失われる水分量ペットボトル半分ごとに、ペットボトル半分の水を運動後に飲む。

これは複雑に見えるかもしれませんが、水和状態は非常に簡単です。

要するに毎日2リットル以上の水を毎日飲むようにしてください。

運動中は増やしてくださいね。

運動を開始するとすぐに電解質を使って水分を補給し、適切な水分を維持してください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう